終活カウンセリング

講師を務めていると、 「なに」を「どういう風」に質問すればいいのか、どのような基準で「誰」に聞けばいいのかわからず、動けず、心配事を抱え続けてしまう方が少なくない。 ということに気づかされます。
 
 JIKKA-SOKKAは、あなたのご心配事をまずはじっくりと伺い、あなたが具体的にどの方向へ踏み出せば良いかを、ひとつひとつ丁寧にがサポートしてまいります。




大切にしている三つのコト

【傾聴】
一生懸命やっているのにうまくいかなかったり、「どうして私ばっかり」と心穏やかでいられないこともあるでしょう。 そして、家族や友達には言えないコト・知られたくないコトもたくさん・・・。
 
そんな時は大いに愚痴ってください。 すべて吐き出してください。 
「聴いてもらうだけで救われる。」
JIKKA-SOKKAカウンセラーも過去に救われた一人です。 秘密厳守で拝聴します。

 

【情報】

物事にはメリットとデメリットがあります。ある人にはメリットでも別の人にはデメリットかもしれません。 そしてデメリットはメディアに報じられないことも多いです。

本当に「これさえやっておけば万事解決」なのでしょうか。
 JIKKA-SOKKAは見えにくいデメリット部分もしっかりお伝えいたします。


【中立】
今は介護もお墓も「選択」の時代です。 情報や知識が多ければ多いほど「選択」の幅が広がります。 しかし情報の窓口が一つだけだと、情報提供者に都合の良い部分しか伝わらないかもしれません。


 JIKKA-SOKKAは独立した立場にあり、”特定の企業・団体等に有利な偏った情報”をあなたに提供することはございません。 カウンセリング後もあなた自身が必要な情報を取りに行けるよう、客観的かつ中立の立場でレクチャーいたします。


* * * * * * *


例えるなら
JIKKA-SOKKAは個別指導。

受験する生徒を理解し励まし、生徒に合わせた指導をして支えるのが先生の役目ですが、生徒の代わりに受験することはできません。 
同様にJIKKA-SOKKAカウンセラーがあなたの代わりにあなたの親御さんをお世話することはできません。 お世話に必要な知識・やり方・乗り切るコツをお伝えすることであなたを支えます。  

あなたの想いを受け止めながら。
あなたのキモチに寄り添いながら。 


場所 

カフェ・ファミレスなど駅から近いオープンな場所でのカウンセリングとなります。 ご相談の上、周りに声が伝わりにくい静かすぎない禁煙の場所を選定。 飲食代は各自持ちです。
HSP聴覚情報処理障害、難聴の方はご相談ください。 

料金

カウンセリング1回(2時間まで) 10,000円
延長料金1時間単位で 6,000円
交通費別途実費 阪急豊中駅起点
移動往復2時間オーバー分は延長時間にカウントします。

担当

熊川サワコ(くまかわさわこ)
上級終活カウンセラー、後見人相談士、福祉住環境コーディネーター、海洋散骨アドバイザーのほか、公的介護資格等複数取得。
JIKKA-SOKKA開設のきっかけは「HSP」。→ さらに詳しく 

~お知らせ~

さまざまなご不安や葛藤を短時間ではお話しきれない方がほとんどです。 また時には資料をご覧いただく必要もあることから、カウンセリングは対面を基本としております。

ですが遠方の方、お子さまや介護の関係でお出かけされにくい方、特定の環境が必要な方にはご利用になりにくいことから、7月中旬より電話個別相談を設定する運びとなりました。 準備が整うまで少々お待ちください。
 
できるだけ専門用語を使わず、わかりやすい言葉・聞き取りやすいスピードでお話させていただきます。